スーパーマーケッ子のヴェルサス日誌

ゲーム・お菓子・ときどき仕事

にわかの話 の巻

ぼっち・ざ・ろっく

何気なく夕飯の時間に新しく観始めた

プライムビデオにアップされてたアニメ。

 

まあ、新世代のけいおんだね。

 

 

ちょうど私も

何年かぶりにバンド活動が再開したので

こういうバンドモノがとてもひびくが、

けいおんの時にも言えたことだけど

せっかくのバンドモノなのに

若干バンド要素薄くね?

この作品はそれでも

けいおんの時よかはあるあるが

盛り込まれてて「ああ、そうそう!」ってなる。

主人公がギターをうまくなった理由も

ちゃんとしてるのも高評価。

けいおんみたいに

ギター抱いて寝てたら上手くなったりは

ゼッテーしねえからなwww

 

アニメだし、作り話だから

主人公たちの行動の方にスポットがあてられるのも

しゃーないっちゃしゃーないが

またBECKみたいなのが観たいなあ。。。

 

 

しかし、こういうのを観てると

ホント感化されて

観終わった後におもむろにギターを手に取って

練習を始めたくなる。

これも、あるあるだと思う。

 

余談だけど、

こういう美少女系バンドアニメやら漫画やらの

主人公はなぜレスポールタイプを持ちがちなのか。

 

 

ストラトタイプではだめなのか。

ちなみに私はストラトテレキャスだ。

 

 

 

私はストラトから入ったので

レスポールタイプをもつと肩が凝って仕方ない。

とてもあんなので4曲も5曲も立ちっぱで弾ける気がしない。

 

アニメから入ったにわか(失礼)が

最初に選ぶギターがレスポールとは

三日坊主に拍車をかけることになりそうなのは

私だけだろうか?

ま、かくいう私も

ラルクにあこがれて

しぐネイチャーモデルを手にした

それがたまたまストラトだったというだけの

にわかなのですがね。

あした地球がこなごなになって の巻

やー、もう2月かよ。

1か月が目まぐるしくてほんとに一瞬。

うちの業種じゃなくても一日(いっぴ)ってのはいそがしいだろう。

今日という日が辛すぎた為か

菓子売り場のメンテをしながら

「今日が人生最後の一日だとして、ここにあるものを

 なんも気にせず好きなだけ食べるとしたら」とか考えた。

私はもともと病的にお菓子が好きなので

何かのストッパーがなければ延々と食べてしまうのだが、

おトシもおトシなので、健康上そうもいかない。

せっかくだから、

「死ぬ前に死ぬほど食べたいお菓子ベスト5」を発表してみようじゃあないか。

 

第5位

まずは、これ。

そしてストロベリー一択。

一個食べたら最後。

おいしすぎて気づくと1本開けてることもしばしば。

最近はアソートパックみたいなのもあるんだけど

結局うますぎてゴミ箱が包みの残骸で一杯になるw

 

第4位

 

 

いろいろあるけど

結局これ。

延々食べ続けるのはきっとこれだと思う。

これも、5位のハイチュウもそうだけど

最初、1粒ずつ丁寧に食べるけど

だんだん我慢できなくなって2個、4個、袋ガサーっ!

て食べてしまう。

1袋完食に10分かからない。

 

第3位

 

正直5位、4位、3位と好き順位に差は全くない。

が、コスト的な理由で実際に試したことがないので

これが3位。

こういう言い方は何だけど

大した量は言ってないのに120円くらいするからね。

私にとってヨーグレットはチェルシーくらい高級品。

まあ、それだけに、おいしいけどね。

一回くらいリスみたいに

ヨーグレットのタブレット

口の中いっぱいにしてみたい。

 

第2位

マジで好き。

なんか1袋食べたら糖尿病になる気がして

なかなか1袋食べができない。。。

シンプルなお菓子(てか、砂糖だよね)だけに

無心で食べ続けられてしまうヤバさ。

わたし、ここにブラックコーヒーがあったら

一生止まらない気がする。

 

第1位

 

5~2位までずっと甘いもので来て

毛色の違う駄菓子に驚かれたかなw

これは群を抜いて大好き!!!

 

だが、健康上絶対に爆食はできない。

 

かつて、いっぱい買い込んでおいて

ゲームしながら無心で食べたら

ゴミ箱が空き袋の山になっていて

「もうやめとこう」とか言って

お菓子の袋みたら

すでにストック0だったっていうホラーを経験済み(´;ω;`)

 

健康に悪いというすこし先の将来的な理由で

爆食をしないというのもあるが、

たぶん食べたその日の夜には

とんでもない胸やけを引き起こす気がする。

 

まだまだ好きなお菓子でしゃべりたいなー。

気が向いたら順位抜きで好きなお菓子について

語らせてもらうかもです。

 

ではでは。

転売ヤーに負けるな の巻

マケ子大好きTSUTAYAに行ったら

フツーにプレステ5が売っていた。

 

たまげたし、欲しかったけど

6月くらいまで欲しいソフトが発売ないことと

なんか「レアなものだからゲットしておきたい」

みたいな不純な理由を自分自身の中に

感じてしまったから

ぐっとこらえて見送った。

 

これからどんどん手に入りやすくなるということだし

今買ったところで、結局手持ちのプレステ4の

ソフトを遊ぶことになるしね。

だいたい、

基本的に懐古主義&めっぽう3Dゲーに弱い私は

わざわざプレステ5でやりたいのは

片手で数えられる程度。

 

 

何より、私がほんとに欲しい6月までの間に廉価版が出ないとも

言い切れないのがSonyのこわいところ。

 

私がプレステ4を買った3か月後に廉価版が発売したしな。

さらに悲惨だったのが

ちょうどメーカー保証が切れた直後にプレステ4は一回故障している。

プレステ4も欲しいものが発売するよりも

何か月か早く購入したため

ちゃんとほしいときに購入していれば

何割か安く買えたはずだし

故障だってメーカー保証内で修理できたはずだ。

 

もうこんな思い話ごめんだね。

というわけで今日プレステ5を購入しなかったのは

正解だったと思いたい。

 

あ、あと別にいいんだけど、

プレステ5めっちゃデカイようだ。

あんなに大きくないといけないのか?

部屋での収納にすごく不便だ。

 

出来れば私が買う頃にはもう一回りちっちゃくしてくれんか?

 

今週のお題 マメ の巻

今週のお題「マメ」・・・マメにしてること、ねえ。

 

いや、まさにこのブログですよ。

もうちょっとで1年になるけども。

 

これは自分に課したノルマで

どんなことがあっても

まず365日、

短くてもいいから

くだらなくてもいいから

途切れなくあげようと最初に決めたんだった。

 

文章力も話題も乏しいから

見返すのも恥ずかしいブログが多いのだけども

とりあえず最初に自分で決めたルールくらい

守りたいからね。

 

ブログを書くのが上手な人、

ブログが収益化してる人の特徴とか聞いてみると

話題や文章構成が分かりやすく

テーマに統一性がって

ブログページのデザインも魅力的である。

とかってことらしいけど

これ聞いて「無理だわー」って思った。

 

なるほど。

ひとっつも当てはまってねーもんな。

収益化、いいなあ。

ブロガーが大変なのはわかるけど

自分の書いた文章で収益があって

人に影響を与えられるとか

夢あるもんなあ。

 

私がやったら胡散臭いだろうな。

リポDとか売っちゃってさ

「これ飲んでたら寿命が50年伸びました」みたいなw

でも実際、世の中にはうまくそれっぽく書いて

それで収入作っちゃう人とかいるんだもんね。

 

ユーチューバー、ブロガー、デイトレーダー・・・

私が「いいな」とあこがれる

億り人達は確かに違う世界の住人のようだけれども

それでもほとんど変わらないスタート地点から始まって

発想とタイミングと先見の明で成し得ただけで

陸続きの場所にいる人だっているんだもんね。

「できるわけがない」の決めつけをしないことが

意外と重要だったりするんだろうな。

 

話思いっきりそれてしまったな。

お題、「マメ」なのに。

 

あ、そうそうお題がそれても

アップし続ける。

これがブログをマメに続けるコツですよ。

 

よし!(なにがw)

ブリザガ の巻

 

 

久しぶりにこんな立派なつららをみたなー。

ここ数日気温がどえりゃあ低いもんで

次々と珍事が起こる。

 

まずは断水した。

 

地域一体を通っている水道管に亀裂かなんかが入ったらしく

夜間工事のため断水が決定したらしい。

 

それに伴って、

職場ではミネラルウォーターの需要が爆上がりして

ここ数日過剰在庫として持っていた飲料水の類は

あっという間にカラになった。

 

あ、あとサトウのごはんもバカ売れしてる。

当然カップ麺も。

このまま家で冬越えする気なんかなと思っちゃうくらいだ。

 

ついでに、そういった事情から

各スーパーの一時的な発注殺到の影響を受けて

問屋がパンクする始末。

 

そんな状態で出せるもんから出荷みたいになってるもんだから

入荷時間もまばら。

でいて、路面状況も最悪だから

本来朝入荷の荷物が昼過ぎに来たりなんかして。

一般家庭もてんやわんやなら

お店もてんやわんや。

つられて物流もてんやわんや。

全部てんやわんや。

 

ちなみに、うちの地域は普段豪雪に

なったりなんかしないもんで

除雪がへたくそでこまる。

 

除雪にムラがあるから

変なわだちが出来てたりしてハンドルをとられて危険。

仕事じゃなきゃ運転なぞしたくないところだ。

 

毎朝寒いし道悪いし仕事忙しいしで

在宅ワークへのあこがれが止まらない。。。

 

C言語、勉強しておくんだったなあ。

雪の中をギターが行く の巻

こんな悪天候だから

さぞ世の中は空いているだろうと思い

カラオケ屋に繰り出した。

 

どっこい激ごみ。

皆、考えることは一緒か。。。

この悪天候なら室内で楽しめる場所に集うわなあ。

 

というわけでカラオケ屋は大繁盛していた。

私はカラオケ屋で純粋にカラオケを楽しみつつ

上の写真の通りギターを持参して

ギターの練習

・・・てか、リハビリ。

 

弾きながら怒りがこみあげてくるほど思い通りに弾けず

ストレス発散の場であるはずのカラオケ屋で

一人ストレスをためる私(´;ω;`)

 

1、2年前ならこんなことはなかったのに!

自分の歌声のように

思った通りに音を奏でられたのに!

 

くそ、コロナめ!

1週間に1回は練習に繰り出さないとだめだな。


www.youtube.com

 

さて、YOUTUBEもちょっとずつ慣れてきて

登録者の方も増えてきてありがたい限りです。

 

ゲームにギターに副業に

今年はイベント盛りだくさん!

感情を揺さぶる映画 の巻

 

 

たまにはインド映画。

いまのところインド映画ははずれナシ。

そんなに本数観てるわけじゃないけどさ。

 

韓国映画といい、インド映画といい

観始めてから10分間くらいのつかみがパない。

日本映画とは決定的にここが違う。

 

 

さっきまでこっちを観ていたけど、

つまらなくはないが、

夕飯食べ終わったんで一度止めて、今に至る。

 

ピザ!だったらそのまま観続けちゃったかも。

そんくらい違う。

 

インドのスラム街で暮らす兄弟が

街にできた外国渡来のピザなる食べ物が食べたくて

一生懸命頑張る、っちゅう感じのお話なんだけど

まず、ピザがどうとかの前に

スラム街で暮らす少年が

無からお金を乱そうと奮闘するさまに感心した。

生きるために知恵を絞ってお金を生み出していく彼と

知識も知恵もなくおっかなびっくり

ビジネスやろうという私では

そりゃあ違って当然だけど

「いつまでのらりくらりやってんだ!」

まるで映画にどやされたよう気持ちになった。

人ってもんは

その時その時、自分が気にしていることを

無意識に注視してしまうらしいけど

この映画を観て真っ先に書いた感想が

上記の通りなのだから

なるほどな、と思う。

 

印象に残ったシーンとしては

「ばあちゃんのピザ」が外せない。

 

たいしたネタバレではないだろうから

説明させてくれ。

 

どうしてもピザが食べたい兄弟。

ばあちゃんに訴えかけるも、

ばあちゃんもお金なんてない。

 

兄弟の持っているピザ屋のチラシを

まじまじ眺めたあと、

トマトやらピーマンやら

兄弟にお使いをさせる。

 

兄弟は大喜び!

ばあちゃんがピザを作ってくれるようだ。

 

あっという間に買い物を済ませて

兄弟はばあちゃんのもとへ。

チラシを片手に

ピザらしきものをこしらえはじめるばあちゃん。

当然出来上がったものはピザらしきもの

似ても似つかない、それにガックシの兄弟。

 

何気ない。だけど絶対にこの映画に必要だったこのシーン。

 

そして、国は違えど

こういうことって幼い日に誰もが

経験したことがあるんじゃないかな、と思う。

・・・今はないかもな。

 

私は小さいころばあちゃんちで

暮らしていた時期があるから

これを何回か食らっていて

こんな大人になった今でも

記憶の片隅に残っている。

 

フライドポテトを食べたいといったが

ポテトチップスを与えられた記憶。

ホットケーキを作ってくれたと思ったら

焼く前に砂糖練りこまれてた記憶(もちろんメープルはナシ)。

 

兄弟のように

どちらも子供ながらに「全然違うよ」と

全力で怒った記憶だけど

今となっては本物のフライドポテトや

ホットケーキを食べることよりも

ずっと大事な記憶。

 

この映画を観て感じた、

副業のこととおんなじくらい印象に残った感情でした。